トップページへ戻る
ヒアシンスハウスについて 立原道造について 施設案内 催し物案内 アクセス ヒアシンスハウスの会 リンク
 
 

ヒアシンスハウスの会

■設立趣旨・目的
本会は、多くの方々のご厚意により設立された「ヒアシンスハウス」を維持管理すると共に、芸術と自然への愛と共感を育むシンボルとして活用し、豊かな地域文化創造の一助となることを目的に設立されました。

■活動目標
・立原道造のみずみずしい魂を現代に伝えます
・自然の大切さ豊かさをともに学んでいきます
・市民が主体となる芸術文化活動を支援し醸成します

■会員の種類
本会の会員には、維持会員・賛助会員の2種類があります。
※詳しくは会則をご覧ください。
「ヒアシンスハウスの会」会則

■ボランティア登録
本会では、ヒアシンスハウスの維持管理・運営に関するボランティアを募集しています。

内容:ヒアシンスハウス開室時における在室管理
1.体制…在室人数1人〜2人
2.時間…10:00〜15:00
3.曜日…水・土・日・祝日のいづれか

ボランティアをご希望の方は、
・お名前、ご住所、ご連絡先
・ご希望の曜日
・ご希望回数(月1回程度、2ヶ月に一回程度、などと出来るだけ具体的に)
をメールまたはFAXでお伝えください。
メール↓
 

■お問い合わせ
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所5-5-9 北原立木
電話&FAX 048 (863) 4474

■ヒアシンスハウスの会 総務・企画委員会

文学・建築・音楽・美術・自然観察・地域活動など、様々な分野の下記の方々のご協力で、当面の運営を図ります。 活動に興味のある方の、積極的なご協力をお待ちしております。

秋元珠江  美術家
後町正樹  別所第三自治会
生川 朋  ものつくり大学講師、現代の名工
太田邦夫  ものつくり大学建設技能工芸科教授・建築家
太田好泰  エイブル・アート・ジャパン事務局、MAR
小野寺茜  埼玉大学大学院生
北原立木  さいたま文藝家協会理事、文芸誌『孤帆』主宰
楠見邦博  文芸誌『孤帆』同人
窪寺 茂  独立行政法人奈良文化財研究所 建造物研究室・室長
菅原優子  詩人、大宮詩人会
坂本哲男  さいたま文藝家協会理事、文芸誌『孤帆』同人
佐野哲史  早稲田大学大学院生
鈴木静哉  埼玉大学教育学部教授、作曲家
篠原 譲  同人誌『空とぶ鯨』編集委員長
高岡典男  彫刻家
武田 緑  画家・立原道造愛好家
高島芳幸  美術家・美術教師
丹下尤子  画家、CAF-N 副代表
津村泰範  文化財保存計画協会
中島文子  浦和女声合唱団リーダー
永峰富一  ヒアシンスハウスをつくる会世話人代表・建築家
中村 誠  埼玉県立近代美術館学芸主幹
登 芳久  さいたま市図書館友の会副会長、文芸誌『胡蝶夢』主宰
三浦清史  建築家、JIA 埼玉理事
宮田 勝  南区区民会議教育文化担当
宮本則子  立原道造記念館理事、館長代理
森田 一  うらわ美術館学芸係長
山中知彦  建築家、新潟県立大学教授
弓削緋紗子 さいたま文藝家協会副会長

 

トップページへ戻る

Copyright(C) ヒアシンスハウスの会 2005
当サイト内の全て又は一部の内容・画像・資料の無断転載を禁じます。    資提供:立原道造記念館